椢原のコラム

HOME » 椢原のコラム » 2011年 » 年に一度の

2011.01.16

年に一度の

毎年1月9日から11日は、えべっさんです。

西宮神社が総本社ということで、ここ最近は毎年、西宮神社にお参りしています。

例年、身動きが取れないほどの人ですが、今年は、本戎(ほんえびす)という、3日間の真ん中の日に行ってきました。

身動きできないことを予想していましたが、以外と思っていたよりは人出はましでした。

いつもお詣りした後は、境内の中の屋台のようなお店で、熱燗とお好み焼などをたべながら、ご機嫌さんになっています。

屋台と言っても言っても、てんとを張って100人近くの人が入れるようになっている、大きなお店です。

そこで働いているのは、ほとんどアルバイトですが、その中にも人気のアルバイターと適当にしか仕事をしていないアルバイターがいます。

やはり、人気のアルバイターの方には、お客さんからも「にいちゃん!」というように声がかかり、更にお店は活気づいていきます。

人気のアルバイターと普通のアルバイターの違いは、何だと思いますか?

それは、スピード感です!

スピードではなく、スピード感というところが大事です。

普通のアルバイターがサボっているわけではないありません。

一生懸命には仕事はしているのです。

明るく仕事もしています。

でも、人気アルバイターではないのです。

活気はないのです。

昨日、私の会社で、コンサルタントの面接をしました。

大半の人は明るそうな方々です。

でも、活気を感じられる人は少ないのです。

周囲に活気を与える、すなわち元気を与える。

こういう仕事の仕方、日常でありたいと思います。

HOME » 椢原のコラム » 2011年 » 年に一度の