椢原のコラム

HOME » 椢原のコラム » 2011年 » アンパンマンのマーチ

2011.03.17

アンパンマンのマーチ

仕事での移動は車が多いので、車の中では毎日NHK第一ラジオを聞いています。

普段は、川柳や健康のこと、経済、政治など様々なことが流されていますが、今は地震の状況と原発の状況を伝えるニュースが多く流されています。

今日の夕方、そのNHK第一ラジオから流れた歌があります。

「アンパンマンのマーチ」です。

先日、NHKラジオにこの歌のリクエストがあり、流したところ、被災地の方を始め、多くの方から毎日流して欲しいと言うメールやFAXが大変多く届いたそうです。

この歌を聴いて、声を上げて泣いてしまったり、涙が出て止まらなくなったが負けずに頑張ろうという気持ちが沸いてきたというような視聴者からの声です。

東北で起きた大地震が未曾有の大災害となり、多数の命がなくなり、多くの方が家を無くし、家族を亡くし、明日さえも見えない毎日を懸命に生きようとしている。

また、被災地の企業はもとより被災地以外の企業にも、受注の減少や材料仕入ができなくなるなど影響が出始め、それ以外にも、地震の後、急激な円高になり、為替が関係している企業でも先行きが見えない状態に陥いりつつある。

このような中、「アンパンマンのマーチ」が生きる、頑張ると言うことをわかりやすく教えてくれているように思うのです。

さまざまなところで、東京電力の原発に対する対応、地震や原発に対する政府の対応、計画停電に対する対応などの批判を聞くことが増えています。

私も、毎日の新聞ニュースを見て、「本当にどうなっているのか」と腹立たしいこともあります。

しかし、それをいくら言っても何も変わりません。

一人一人が、今、自分にできることを確実にやることが全ての解決につながると思うのです。

アンパンマンが自分のほっぺたをちぎって困っている人にあげるように、私たちも私たちなりにできることがあると思うのです。

今日、私の大事な後輩からメールが来ました。

彼は東京に家族と住んでいるので、私が心配してメールを送ったその返事でした。

生命保険会社に勤めていますが、何と2月末日付けで宮城支社の副支社長として赴任することが決まり、その赴任前にこの大地震が来てしまったとのことです。

私はてっきり、彼からのメールをここまで読んで、この後に続く言葉を勝手に予想してしまいました。

「正直、大変ですが、これも仕事なので頑張るしかないと思っています・・・」というような言葉を。

ところが、彼は、「本当に使命を感じております。宮城に行くことが、自分に与えられた使命なんだと。被災された従業員やお客様を勇気づけられる副支社長を目指します」

私は、このメールを読んだときに、不覚にも涙してしまいました。

ボランティアで支援にいくのさえも大変なことです。しかし、ボランティアで行くのであれば、一時的な期間で済むかも分かりません。

が、仕事で行く以上数年間は宮城で仕事をすることになるのだと思います。

彼には小学生の女の子の子供が2人おり、奥さんと子供は神戸に戻して、1人で単身赴任するとのことです。

仕事とはいえ、純粋に、本気で、苦労の中に飛び込んでいく彼の気持ち、また、従業員とお客さまを勇気づけたいという彼の心に涙してしまったのです。

彼も、ほんもののアンパンマンだったようです。

私も彼に負けないように、アンパンマンのように、自分にできることを全力で、この地震で困っている人全てに対して支援していきます。

是非、皆さんもアンパンマンのマーチを聴いてみて下さい。

そして、一緒に、「今」を頑張りましょう!!

HOME » 椢原のコラム » 2011年 » アンパンマンのマーチ