椢原のコラム

HOME » 椢原のコラム » 2015年 » 「この質問に」

2015.08.19

「この質問に」

おはようございます。

椢原です。

 

 

突然ですが。

あなたは、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートで、テレビが売られていない理由を知っていますか?

 

 

生命保険というものは、ずっと以前はインターネットで加入ができないものでした。

あなたは、それがなぜだかわかりますか?

 

 

ところが、今は、ネットで加入できる生命保険が販売されています。

さらに、この保険会社はそれなりの売上を上げ、成功を収めています。

あなたは、なぜ、この会社が成功しているのか、その理由を知っていますか?

 

 

 

実はこの質問に答えられるかどうかで、あなたがあなたの会社の売上を伸ばし続けられるかどうかがわかるのです。

 

 

あなたは、これらの質問は、あなたの会社の売上を伸ばすことに何の関係もないような質問だと思うかもわかりません。

 

しかし、これらの質問に対する答えとあなたの会社の売上を伸ばし続けるカギが、実は同じなのです。

 

 

 

よく巷で、営業戦略とか営業手法が大事だと言われます。

これらは目先の売上を上げるための手法、戦術の総称です。

 

「目先の売上を上げることも大事ではないですか?」

 

こう言われそうですが、あなたの会社の目先の売上を上げる戦術は、あなたの会社の売上を伸ばし続けるカギの中に含まれているのです。

このカギのことを私は「売上メソッド」と呼んでいます

 

 

 

 

先日、私はシリコンバレーのGoogleとYAHOO、Apple、Facebookを訪問しました。

私は、これら世界的巨大IT企業は私たち中小企業からは想像もできないほどの数多くの戦略を構築し、それを実践しているのではないかと思っていました。

 

しかし、それは間違いでした。

 

驚いたことにこれら巨大IT企業は、実は数多くの戦略の根底にある「絶対戦略」を明確に持っており、これを真面目に実践していたのです。

 

この「絶対戦略」こそ「売上を伸ばし続けるカギ」であり、私が言うところの「売上メソッド」だったのです。

 

 

 

この絶対戦略が明確になっているからこそ、その枝葉である営業戦略や戦術、マーケティング、広告、人材育成、財務戦略なども成果が生まれます。

 

言い換えると、絶対戦略がないところに成功はないのです。

 

 

 

日本の高収益企業、売上増伸企業も巨大IT企業と同じでした。

ソフトバンク、京セラ、JAL、東京ディズニーランド、USJ、セブンイレブン、auなどなど。

 

 

ところが、私たち中小企業でこの絶対戦略を明確に持っている会社はそう多くはないようです。

なぜなら、売上を伸ばし続けている中小企業があまりないからです。

 

 

 

 

もし、あなたが目先の売上だけでなく、これからも売上を伸ばし続けたいのであれば、自社の絶対戦略を明確にすることが必要です。

 

 

 

 

あなたが経営環境の変化や競合との戦い、組織の成長度合いに振り回されずに、売上を伸ばし続けたいのであれば、あなたの会社の売上を伸ばし続けるカギである絶対戦略、すなわち売上メソッドを見つけられるセミナーにご参加ください。

 

セミナーのお申し込みは、こちらから

 

 

今、あなたが取り組んでいるマーケティングや営業戦略、営業戦術が大きく変わるはずです。

 

これから売上を伸ばしたい人は、営業手法やマーケティングに取り組む前にあなたの会社の売上メソッド、絶対戦略を明確にしてください。

そうすればマーケティングも営業活動も最大の成果を生み出すはずです。

 

IMG_4716  IMG_4708

HOME » 椢原のコラム » 2015年 » 「この質問に」