椢原のコラム

HOME » 椢原のコラム » 2015年 » 過去最大売上を3ヶ月で実現する方法

2015.06.10

過去最大売上を3ヶ月で実現する方法

こんにちは。
椢原です。

梅雨に入りましたが、今日は太陽が出て暑い日になりそうです。
体調を崩したり、食べ物も傷みやすい時期ですので、気をつけてください。

ところで、決して景気そのものが底上げされている実感はまだまだありませんが、私のクライアントでも売上が増加し始めた会社が増えてきました。

今年に入ってから、圧倒的な黒字を生み出すための戦略セミナーを開催していますが、その中の一つに売上最大戦略があります。

過去最大の売上を上げるのはそれほど難しくありません。どちらかといえば、簡単です。
それも、業種を問わず同じです。

皆さんは、売上を上げたいと考えたときにどういうことに取り組んでいますか?

  • 新たな得意先を開拓するために、営業担当者にもっと動くように指導する。
    あるいは、新たなDMや広告を行ったり、増やしたりする。
  • 現在の得意先、顧客からの受注や注文数量が増えるように得意先や顧客に働きかける。
  • 得意先や顧客が何度も発注してくれる、注文してくれる、買ってくれるような働きかけを行う。
  • 新たな商品やサービスを増やすために、開発したり、探索する。など。

売上には方程式があります。

「数量×単価×頻度」

聞いたことがある人もいらっしゃると思います。
でも、この方程式を使って、売上戦略を実行している人はあまり見たことがありません。

さきほど、売上を上げるときにこんなことに取り組んでいますよねという例をあげましたが、方程式に照らして、上の方程式の3つの要素、「数量」「単価」「頻度」に当てはまる取り組みを考え、この3つの要素を増やす取り組みを同時に行うのです。

これ以上ないくらいとても大切なことなので、もう一度言います。

過去最大売上を上げるには、
「数量×単価×頻度」
の3つの要素に当てはまる取り組みを同時に行うのです。

ここでいう、「数量」は、顧客数という切り口もあれば、一顧客当たり販売数という切り口もあります。見込客数という見方もあります。
「単価」にも、一顧客当たり平均単価もあれば、一商品当たり平均単価もあります。
「頻度」も、来店頻度、購入頻度、一顧客当たり平均購買頻度といくつかあります。

あなたの会社にとって、

  1. 3つの要素、それぞれで最もベストな切り口を見つける。
  2. それぞれごとに、取り組むことを検討する。
  3. 同時に速やかに実行する。この同時が大事です!

=成果…必ず、売上はアップします!
中には、300%を超える会社も過去ありました。

次回(6/19)の私のセミナーでは、この売上最大戦略について、もっと詳しく実践的にお話をしたいと思っています。
少人数セミナーですので、残席僅かですが、過去最大売上を3ヶ月以内に実現したいという方は是非ご参加ください。

セミナーのお申し込みはこちらから、お願いいたします

HOME » 椢原のコラム » 2015年 » 過去最大売上を3ヶ月で実現する方法