コンサルティング事例

HOME » コンサルティング事例 » » 黒字と事業継続への執念

CASE

黒字と事業継続への執念

G社

業種:婦人服小売、卸売販売

売上高:6億円

借入金額:2億円

個人所有不動産:貸店舗、貸家、倉庫、自宅

連帯保証人:社長、会長

売上は上昇傾向にあったが、主力店舗と同エリアに外資系のファストファッションが続々とオープンしたことにより売上が急減。

また、FC店舗の撤退も売上を減少させる要因となった。
さら、円安による輸入仕入原価アップによって限界利益率が減少。
このような中で弊社がコンサルティングをスタート。
まず、足下の資金繰りを改善するために、各金融機関へ元本据置要請を行い、各行応諾。

次に、赤字経営から黒字経営に変革するために、

  1. 不採算事業を明確にし、撤退を進める。
  2. 同時に、経費を最小にするための計画実績管理によって、経費を大幅に削減する。
  3. その後、部門別採算性の仕組みを導入し、部門利益を最大にする。
  4. 担保不動産の売却することで借入債務を圧縮する。
  5. 最後に、現取引金融機関だけでなく、新たな金融機関との取引を開始し、リスケから脱出する。

ということを進めると決め、取り組みをスタート。
また、これらを進める上で経理体制の確立と速やかに結果数値が出すことが求められることから、顧問税理士も弊社から紹介し税理士を変更。
しかし、・・・・

このような取り組みは、「クライアント向け非公開勉強会:一般公開」として、
弊社セミナーでさらに詳しく、事例を通じてお話をしています。
セミナーの詳細は、こちらをご覧ください。

コンサルタント事例

コンサルティング事例の続きをご覧になりたい方は、下記のボタンより(PDF)をダウンロード頂けます。

(PDF)をダウンロードする

HOME » コンサルティング事例 » » 黒字と事業継続への執念