コンサルティング事例

HOME » コンサルティング事例 » » 黒字企業の実現と事業承継

CASE

黒字企業の実現と事業承継

I社

業種:衣料品小売業

売上高:2億円

借入金額:1億5千万円

個人所有不動産:自宅(メインバンクが根抵当を設定)

経営は実質的にほぼ毎年赤字で、資金繰りは苦しい状況にあり、自宅も担保に取られ、将来に向けてのビジョンも策もない中で、弊社のセミナーに参加。
個別相談後、コンサルティングを開始。

社内で算出している店舗ごとの利益数値を基に、閉鎖店舗と継続店舗を選別。
閉鎖店舗は速やかに閉鎖し、継続店舗に社員を異動し選択と集中戦略を実行。

税理士からの指導が不十分で経理体制が確立されていないことから、弊社から税理士を紹介し、経理体制との確立と店舗別採算性管理を実施。

小売業で赤字ということもあり、社員教育に十分な時間やお金をかけることができないなか、社長は社員に対して「なぜ、こういうことがわからないのか」と。
社員は、「自分たちは自分たちなりに一生懸命やっている」と気持ちから、会社としての一体感が生まれない状態に。

会社を黒字にし、その黒字を圧倒的にするには社員を巻き込むことが不可欠との考えから...。

このような取り組みは、「クライアント向け非公開勉強会:一般公開」として、
弊社セミナーでさらに詳しく、事例を通じてお話をしています。
セミナーの詳細は、こちらをご覧ください。

コンサルタント事例

コンサルティング事例の続きをご覧になりたい方は、下記のボタンより(PDF)をダウンロード頂けます。

(PDF)をダウンロードする

HOME » コンサルティング事例 » » 黒字企業の実現と事業承継