コンサルティング事例

HOME » コンサルティング事例 » » 粉飾と横領から黒字への変革

CASE

粉飾と横領から黒字への変革

E社

業種:中古車販売業

売上高:9億円

法人所有不動産:本社店舗

個人所有不動産:自宅

連帯保証人:社長、専務

E社は業種でいうと中古車販売業ですが、普通の中古者販売業ではなく、中古車を仕入れた後に自社でパーツなどを取り付け、元の車を遙かに超える見栄えとグレード、付加価値を生みだし、新たな商品として販売をしている会社です。

経営陣は、社長、専務の二人。社長が営業と現場。専務が経理、銀行窓口という役割で経営。
それなりに売上が増えているにもかかわらず、借入が増加傾向にあり、このことを不審に思っていた社長が、弊社のセミナーに参加したことをきっかけに弊社に事前診断を依頼。

その後、事前診断を進める中で...。

このような取り組みは、「クライアント向け非公開勉強会:一般公開」として、
弊社セミナーでさらに詳しく、事例を通じてお話をしています。
セミナーの詳細は、こちらをご覧ください。

コンサルタント事例

コンサルティング事例の続きをご覧になりたい方は、下記のボタンより(PDF)をダウンロード頂けます。

(PDF)をダウンロードする

HOME » コンサルティング事例 » » 粉飾と横領から黒字への変革