中小企業を取り巻く現状

HOME » 中小企業を取り巻く現状

日本経済を支える中小企業

中小企業は、日本の企業数の大半を占めていて経済を牽引する要です。多岐にわたる分野で中小企業の伝統的で繊細な技術、高精度の機械、画期的なアイデアによる事業展開が行われている事により、日本の活性化に繋がっています。

そんな日本の元気の原動力となる中小企業ですが、様々な問題に直面して不安定な経営状況に悩まされている経営者様は多くいらっしゃいます。

会社法の改正により過小資本の企業が増えてきている影響もあり、経営不振が続き、倒産や破産を余儀なくされる企業も少なくありません。

中小企業が抱える問題

需要の停滞

社会状況の変化に伴い、消費者のニーズや価値観が多様化する現代において、中小企業の経営に大きな影響をもたらすのが需要の停滞です。

製造業や卸売業などにおいても、受注量を確保しなければ売上には繋がりません。
国内の需要が乏しいため、海外での事業展開に取り組んでいる企業様も増えてきています。

資金調達

安定した経営を続けていくためには、余裕を持った資金繰りが必要となります。
しかし、需要の停滞による売上減少、借入金の返済負担、借入枠に余裕がないなどの様々な要因によって、運転資金にゆとりを持てなくなるケースも多々あります。

人材・後継者不足

中小企業が長期的な課題として掲げているのが、人材の確保・育成です。特に少子高齢化が進む現代では、次世代のリーダーとなる後継者の不足が深刻な問題となっています。後継者がいないため、スムーズな事業継承が行えずに廃業に陥っている企業も数多く存在します。

このような状況に陥っている中小企業の相談役としてコンサルタントが存在しています。
弊社では、その場限りのコンサルタント業務ではなく、黒字4大戦略などの体系化されたコンサルティングプログラムによって会社の再生をサポートいたします。

他のコンサルタント会社のような顧問契約は行わずに、ゴールと成果を明確にしたコンサルティングによって黒字優良企業へ導きます。セミナーに関する料金や内容についてはサイト内に掲載しておりますので、是非一度お問い合わせ下さい。

HOME » 中小企業を取り巻く現状