資金繰りが苦しいときの支払いは?

HOME » 資金繰りが苦しいときの支払いは?

資金繰りに行き詰まってしまった場合、従業員や取引先、銀行への支払いはどのように対応すれば良いのでしょうか。会社再建のためにも、正しい対応策を把握しておきましょう。

資金調達で一時的に改善するだけでなく、会社再建の抜本的対策を

会社の資金が不足しそうになると資金調達を第一に考えがちですが、資金調達をする際には会社再建に向けて現実的な対策を講じる事が大切です。
なぜなら、資金を調達して難を逃れたとしてもその改善は一時的なものにすぎないからです。しばらくすると再び同じ状況に陥るどころか、調達した資金分の支払いが増えますから今よりも苦しい状況になる事が考えられます。

どうしたら資金調達できるかを考えるよりも、どうしたら会社を立て直すことができるのかを考える事が大切です。今会社が抱えている問題は何なのかきちんと把握し、原因ごとに対策をとる事で資金繰りの改善につながります。

支払いの優先順位

  1. 従業員の給料

    本来最も優先すべきなのは租税ですが、経営者の心情としては従業員への給料の支払いを優先したいものです。十分な説明もないまま給料の支払いが遅れると、その時点で社内が混乱する可能性があります。その結果、従業員の不安感を煽り、事業が頓挫する事にもなりかねません。
    事業を続ける事ためにも、給与の支払いを速やかに行う必要があるのです。

  2. 税金、社会保険料の支払い

    税金や社会保険料などはビジネスに直接関わるわけではありませんが、支払わなくてもよいということではありません。督促があっても放置していると、すぐに銀行口座などを差し押さえられてしまいます。支払いが厳しい場合は管轄の税務署や社会保険事務所に交渉すれば、分割支払いや納期限の延長などに応じてもらえることが多くあります。

  3. 取引先への支払い

    最後に、優先すべきなのが取引先への支払いです。取引先が複数ある場合は、企業の資本体力に応じて支払う順番を決めるのが望ましいでしょう。全ての取引先に支払う事が難しい場合は、資本体力に余裕のある企業に対して、支払いの猶予を申し入れる事も必要です。

銀行にはリスケ交渉を

二度と借入ができなくなるという懸念から、銀行への返済を優先すべきだと思われるかもしれません。
しかし、銀行はいつまでも融資をしてくれるわけではありません。毎月の返済額≧新たな融資額であればリスケジュールを申し入れることが必要です。今までの条件で返済が困難になった場合に、返済金額の減額、返済期間の変更、返済猶予などを申し入れる手続きです。リスケが認められると、一定の期間は資金繰りが楽になる可能性があります。

しかし、リスケはあくまでも会社再建のチャンスを得るための手段です。リスケが承認されると、一仕事終えたかのように思われがちですが、赤字体質が改善されたわけではありません。黒字に転換するための根本的な経営改善を行う事が重要です。

弊社では、300社以上の赤字企業を再生してきた経営コンサルタントが、中小企業の会社再建をサポートいたします。別会社を利用した会社再建についても、具体的な方法をアドバイスする事が可能です。
どんな些細な疑問も、お気軽にご相談下さい。

HOME » 資金繰りが苦しいときの支払いは?