第二会社方式の事業再生

HOME » 第二会社方式の事業再生

事業再生には様々な手法がありますが、特に注目されているのが第二会社方式です。中小企業がこの手法を活用すると、様々な支援を受けながら事業再生に取り組む事ができます。
第二会社方式について分かりやすくご説明します。

第二会社方式とは

財務状況が悪化している中小企業の採算性の良い事業(収益性のある事業)だけを別会社(第二会社)に承継させる事で、事業を継続させる再建手法です。

旧会社では不採算部門を停止し、残務整理を行ったのちに解散・清算される事になります。第二会社方式による事業再生は、事業譲渡または会社分割によって行われる事がほとんどです。

第二会社方式のメリット

第二会社方式を活用する事には、次のようなメリットが挙げられます。

  • 想定外の債務リスクを防止できる
  • 債権放棄の手続きが不要で、債務をカットできる
  • 税務上の損金算入手続きが容易
  • 金融機関の協力が得やすくなる

また、収益性のある事業だけで再生を図るため、事業再生が実現できる可能性も高くなります。事業が存続できれば、従業員の雇用や取引先の権利を守る事が可能です。

受けられる支援

第二会社方式による事業再生で、経済産業省から認定を受けることができると、下記の各種支援を受けることができます。この認定は「中小企業承継事業再生計画」を作成し、一定の基準を満たせば認定を受ける事ができます。

  • 許認可の承継

    営業上必要な許認可を、旧会社から第二会社に引き継ぐ事ができます。

  • 税負担の軽減措置

    第二会社を設立した際の登録免許税や不動産取得税が軽減されます。

  • 金融支援

    資金調達が必要な場合は、日本政策金融公庫の低利融資、中小企業信用保険法の特例、中小企業投資育成株式会社法の特例などの支援を受ける事ができます。

    優良な事業がある場合は、第二会社方式を活用する事で事業を継続できる可能性があります。成功事例も着実に増えていますので、お早めにコンサルタント相談される事をおすすめします。

弊社のコンサルタントは、指導先企業の1年黒字率94.4%というコンサルティング実績を誇ります。
他のコンサルタントが知らない、赤字企業から黒字企業に生まれ変わるための具体的な方法を指南いたします。

中小企業の会社再建や事業再生の一助となるよう全力を尽くしますので、是非コンサルタントにご相談下さい。

HOME » 第二会社方式の事業再生