黒字倒産はなぜ起こる?

HOME » 黒字倒産はなぜ起こる?

「黒字倒産」をご存知でしょうか。倒産ともなれば、経営が長く低迷し赤字決算が続いたという印象がありますが、実際には黒字決算だった企業も少なくありません。なぜ黒字なのに倒産する会社があるのか、その理由をご説明します。

そもそも倒産とは?

「倒産」とは、一般的に「返済義務のある債務が返せなくなり、借入もできずに経営が行き詰まる状態」の事です。資金がショートし、銀行・仕入れ先に対して借入金や仕入代金を支払う事ができなくなるのです。

しかし、赤字決算だからといって会社が倒産するわけではありません。何年も赤字を出しながら、事業を継続している会社はいくらでもあります。会計上は黒字で利益を出しているにもかかわらず、倒産してしまうのが「黒字倒産」です。

黒字倒産が起こる仕組み

黒字倒産は、実は会計上の結果ではなく、実際のお金の流れが関係しています。ビジネスで最初に訪れるのは、商品の仕入れや人件費の支払いです。そして商品売買の決済では、資金回収までに数カ月かかります。

利益は損益計算書に計上できても、手元には資金がない状態です。この間に損益計算書と実際のお金の動きが一致せず、資金繰りが困難になっていきます。会計上は黒字でも、銀行からの借入ができず仕入代金が払えなくなり、倒産状態に陥ってしまうのです。

現金収支に注意する

黒字倒産を防ぐためには、会計上で利益が出ていたとしても、実際にお金が入った・出ていったという収支に注意する事が重要です。収支を示すキャッシュフローが赤字なら、収入以上に支出がある事を意味します。

「現時点でどれだけ手元にお金があるか」を把握して、舵取りを適切に行うことが、倒産するかしないかの分かれ道です。損益とキャッシュフローの違いをしっかり理解し、経営指標として使い分けましょう。

真の黒字体質を目指す経営者様は、弊社のコンサルティングセミナーをご活用下さい。コンサルティングセミナーでは、事業戦略の重要な考え方や、会社再建を進める上での注意点を詳しくお伝えしています。東京大阪での中小企業経営に、弊社のコンサルティングセミナーをお役立ていただければ幸いです。

HOME » 黒字倒産はなぜ起こる?