KRBについて

HOME » KRBについて » 企業理念・コンサルティング方針

企業理念・コンサルティング方針

日本国内企業全体の95%を中小企業が占めており、これらの中小企業が利益を生み出し成長発展を続けいくことが、社会経済の繁栄、雇用の創出、そして日本というこの国が世界に貢献できることは間違いありません。

しかし、企業の70%が赤字と言われており、これでは社会経済や地域、国に対して貢献する以前に企業で働く社員を守ることさえもできません。

まず、一社でも多くの中小企業が本当の黒字になり、さらには経常利益率10%を超える企業が一社でも増えることがとても重要だと本気で私たちは考えています。

それは、「一年間、売上がゼロでも潰れない」くらいの利益と財務基盤の強い会社を作るということです。

そのために、私たちはいかなる努力も惜しまず、時に親身に、時に厳しく、常に寄り添い、コンサルティングを行って参ります。

そうして、経営者はもとより企業で働く全ての人に「安心と成長」を提供する。

これが、私たちの存在価値であり、理念です。

クレド

2005年法人設立以来、私たちの使命と役割を明確にしたものクレドとして公表し、お約束しています。

安心と成長
私たちKRBコンサルタンツは、
経営者はもとより企業で働く全ての人に
この二つを提供することを
最も大切な使命と心に深く刻んでいます。

安心と成長は
希望と勇気から生まれることを私たちは知っています。
だからこそ、
お客様に希望と勇気を感じていただくことは私たちの最高の喜びです。

そのために、私たちは、
時間も労力もいかなる努力も惜しみません。

そして、
清らかな心と高いモラルで
目標達成と問題解決のコンサルティングを
お約束いたします。

コンサルティング方針

私たちは、企業に、顧問という名でしがみつくコンサルタントにはなりません。
定期的に企業に訪問し、ゴールも成果も不明確であるにもかかわらず、顧問料をいただくようなコンサルティングは行いません。

経営コンサルタントとして、必要な仕事をして成果を生みだせば、原則、そこで仕事は終了です。

体系化されたコンサルティングを各企業に合わせて実施し、成果を生みだすことで、そのコンサルティングは終了する。
その後のコンサルティングは、必要に応じて継続する場合もあるが、その場合でもゴールと成果を明確にしたコンサルティングを実行する。

これが、私たちのコンサルティングスタイルです。

 

私たちは、コンサルタントの数を増やして指導先を増やし、そのことで社会に貢献するというような考え方は持っていません。
そのコンサルタントの数を増やすために、他の多くのコンサルタント会社が行っているような元銀行マンや倒産経験のある経営者の方などを中途で採用し、即戦力として、その個人の経験と知識に依存したコンサルティングは行うということはしません。

これには二つの理由があります。

一つは、私たちは、経営コンサルタントという職業には非常に高いモラルと専門知識、さらに経験が必要だと考えています。例えば、病院のドクターにも高いモラルと専門知識が求められます。そのドクターに40歳を過ぎてから成りたいという人はそれほど多くはいないと思います。いくら社会経験があってもそれだけでドクターにはなれないからです。医学部で専門知識を修得し、医学部時代から研修医の間に医師としてのモラルも学び、医師として仕事をするために数々の経験をした上で、やっと医師としてスタートできるのです。

経営コンサルタントも同様です。
会社の規模を大きくするために、社会経験のある人を中途で採用していくという考え方もありますが、私たちは、未経験者をベースに経営コンサルタントとして仕事をしたいという強い気持ちを持っていることを大前提として、入社時の適性試験や人格、知識、学力等の高いハードルを越えた人だけが入社でき、さらにその後数年は他の何もかもを捨てるくらいこの仕事に打ち込み、その間、経営に関する手法を身につけ、人や企業を指導することがいかに大きな影響を与えるということなのかということを学び、それに必要なモラル意識を高めることができた人だけが、経営コンサルタントとして仕事ができる。

簡単に、経営コンサルタントと名乗り、仕事ができるというのはいけないと思っています。
経営コンサルタントの仕事は、非常に影響力のある仕事です。
その仕事が、社会経験を活かすだけでできるということに私たちは違和感を持っています。

経験はもちろん大事ですが、それ以上に、前述の医師のように経営コンサルタントになるためにどれだけの努力を続けてきたのか。この点がとても重要だと考えているのです。

これが、私たちの採用や会社組織に対する考え方です。

今後も私たちは、コンサルタントの数を増やすことを目的としません。社会経験者を集めることを優先したコンサルタント組織にはならないということです。

また、個人の知識や経験に依存する必要は私たちにはありません。体系化されたコンサルティングをベースに各企業に合わせて、コンサルティングを行うことができるからです。

 

二つ目は、コンサルタントの人数で社会に貢献するという考え方ではなく、高いスキルとモラルをベースに体系化されたコンサルティングプログラムで、短期間で圧倒的黒字企業を生みだすことを次々に行っていく。

一人のコンサルタントが顧問契約といって、クライアントにしがみついて、だらだらと中身のないようなコンサルティングを続けるのではなく、一人のコンサルタントが一社でも多くの黒字企業を生みだすために、次々に新たな会社に対し、体系化されたコンサルティングプログラムを各企業に合わせて指導する。

私たちはコンサルタントの数で社会に貢献するのではなく、クライアントにおいて成果を生みだす時間を短期間にし、次々にこの成果を生み出すことで社会に貢献する。

これが、私たちのコンサルティングスタイルです。

また、私たちは、「コンサルタントに頼らなくてもいい会社を作る」ことに本気で取り組んでいます。
コンサルタントがずっといなければいけないような会社では何も変わっていないと考えているからです。
手法やノウハウをクライアントに定着させること。
仕組みとして、その手法やノウハウ、そして変革された考え方を定着させ、クライアント自身で成果を生みだしていくこと。
そして、経営者に対し、経営に対する考え方や取り組み方の変革を求め、それを実践してもらうこと。

これが、私たちのコンサルティングスタイルです。

私たちの6つの約束

  1. 個人の過去の経験やノウハウに依存したコンサルティングではなく、体系化されたコンサルティングプログラムをご提供します。そして、各企業の状況に合わせて適切にコンサルティングいたします。
  2. 「とりあえず顧問契約で」のような成果も見えない、コンサルタント個人の経験とスキルに依存したコンサルティングは行いません。
  3. 「経営改善計画を立てる」「資金調達先を紹介する」「リスケの銀行交渉を指導する」など、足もとしか見ていないようなその場限りのコンサルティングは行いません。
    老子の「授人以魚、不如授人以魚」(魚を与えるのではなく、魚の釣り方とそのために必要な考え方を教える)
    これが、私たちがご提供するコンサルティングです。
  4. 私たちは自分たちのことを事業再生コンサルタント、会社再建コンサルタントとは呼びません。私たちは、現状を変革し、将来の安心と成長を企業にご提供する「経営コンサルタント」です。
  5. そのために、私たちは、常に経営者に寄り添い、時に親身で時に厳しいコンサルティングを行います。
  6. 私たちは、「全てが商品」だととらえています。
    電話や来客時の接客応対。事務所や会議応接室の清潔さ。メールや書類の内容とその送り方。クライアント向けの書類や指導に必要な資料。
    そして、私たち自身。
    私たちの行動と生みだすもの、全てを大事な商品ととらえ、これからもクライアントの手本となる会社であり、社員でありつづける努力を行っていきます。

HOME » KRBについて » 企業理念・コンサルティング方針