KRBコンサルタンツ株式会社

お気に入りに登録する

セミナーのご案内

「借入を引き継ぐか! 引き継がないか! 
 今から始める 借入と事業承継の特別勉強会」

「人に借りたものはちゃんと返しなさい」

「借りたお金は返す」

 当たり前のように、子供のときから教えられたことです。

 しかし、勘違いしていませんか?

 

「自分が借りたお金は、自分で返す」

 しかし、「他人が借りたお金は、その借りた人が返す」のが当たり前だということを。

 

 親であろうと、夫婦であろうと、自分以外の人が借りたお金を自分が返すのは当たり前ではありません。

 

責任、道徳、人の道、いろいろな言い方はありますが、どれも「他人が借りたお金まで返しなさい」とは言いません。

親が作った借金を息子が返すのは悪いことではありません。親孝行の一つだと私も思います。

でも、引き継ぐかどうかは本人の自由です。

そう、自由のはずです。

 

しかし、金融機関は先ほどの「道徳」「経営者としての責任」「後継者としての責任」などの言葉で、

引き継ぐのが当たり前のように話をします。

 

大事なことは、「社長である親が作った借金を引き継ぐのか、引き継がないのか」というこの選択を、

いざ事業承継の時に適切にできるよう、早いうちから準備をしておくことです。

 

今から準備をして、いざ事業承継の時が到来したその時に、引き継ぐか引き継がないかを判断すればいいのです。

 

このたびの勉強会は、

    ・将来、借入を引き継ぐか引き継がないかを選択できるように、今から何に取り組んでいけばいいのか
    ・借入を引き継がなくても、今まで通り銀行と取引はできるのか
    ・事業承継と同時に借入を引き継ぐときに、前社長の連帯保証人を外すための交渉法(保証協会編と銀行編)
    ・借入を引き継がないときの銀行との取引と交渉の仕方

など、借入を引き継ぐ、引き継がないということに対するさまざまな知識と交渉法を勉強する場です。

 

■現経営者で息子に借入を引き継がせるか、引き継がせないか、どうしようと考えている方

■できれば借入は引き継がずに、事業だけを承継したいという後継者の方など

現経営者の方、後継者の方のためだけの勉強会です。

 

もし、あなたがご興味をお持ちであれば、今すぐお申し込みください。

ご参加をお待ちしています。

 

このセミナーの参加資格は、代表取締役あるいは社長、会長の方のみとさせていただき開催いたします。

経営コンサルタントおよび中小企業診断士等の士業の方のお申し込み、ご参加はご遠慮ください。

開催要項

日時 勉強会日程は後日掲載予定です。
講師 代表取締役社長 椢原 浩一(くにはらこういち)
お問い合わせ

KRBコンサルタンツ株式会社
TEL:050-3816-7490
FAX:078-435-6562
メール:info@krbcg.co.jp

お申し込みはこちら

講師プロフィール

椢原 浩一

椢原 浩一(くにはら こういち)

  • KRBコンサルタンツ株式会社代表取締役社長
  • 認定事業再生士(CTP)
  • エグゼクティブコンサルタント

過去に、中小企業庁経営支援アドバイザー、中小企業再生支援協議会再生支援アドバイザーを歴任

略歴

1964年大阪府豊中市生まれ。
高校まで兵庫県淡路島の洲本市で育つ。 
近畿大学を卒業後、株式会社キーエンスに近畿大学卒業生としてはじめて入社。
株式会社キーエンスでは、新規事業部門の営業担当者として営業活動に従事。
この間、新卒では初受賞の社長賞や事業部門販売1位など、毎年業績トップクラスの結果を残す。

27歳の時に、大手経営コンサルティング会社、日本エル・シー・エーにて経営コンサルタントの世界に。

その後、キーエンス時代の営業手法を活かして、売上アップのための営業戦略や営業手法の構築、営業活動の生産性の向上など、営業に関するコンサルティングの第一人者として活躍。

33歳のころから、中小企業経営者を対象とした黒字成長のための経営戦略の構築、資金繰りなどの財務体質改善。組織改革活性化のための公平感と納得感の持てる人事評価制度や賃金制度の構築・運用など、中小企業の売上、経営戦略、財務・資金繰り、人事組織という会社を経営する上で最も重要な分野で数多くのコンサルティングを行う。

著書

「別会社を使った究極の事業再生」(幻冬舎)
「1年で黒字を実現する赤字企業再建術」(幻冬舎)
「銀行交渉がうまくいく返済猶予成功術」(幻冬舎)

上記3冊ともアマゾンビジネス書ベストセラー第1位を獲得
以降、長期にわたりベストセラーランキング入り