スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 2011年 » 毎日の格言

2011.04.28

毎日の格言

KRBでは、社員全員がそれぞれ同じタイプの手帳を使って仕事をしています。

その手帳は1日分が見開き2ページになって構成されていて、2ページ目の右上に
1年365日、毎日違う格言が書かれています。

その中で、最近目に止まったものを2つご紹介します。

「生きるものはすべて、役割を果たすために生まれた。

ほかのものの行いを怠惰に眺めていてはならない。」

「偶然とはなんと空虚な言葉であろう。理由なく存在するものなど、何一つない。」

震災があってから、日本中が自分にできることは何かを考え、それぞれの役割を
懸命に果たそうとしている中で、良いことも悪いこともすべてに意味があるというこ
とを改めて思い起こさせる言葉でした。

皆さんはこの言葉からどんなことを感じましたでしょうか?

e

HOME » スタッフブログ » 2011年 » 毎日の格言