スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 2011年 » 生産性の視点を持つ

2011.07.08

生産性の視点を持つ

昨日は神戸で当社セミナーを開催いたしました。
あいにくの雨模様にもかかわらずご来場いただいた方々につきましては、誠にありがとうございました。

当社代表の著書第二弾『一年で黒字を実現する 赤字企業再建術』のテーマである「黒字化」についてのセミナーでしたが、その中で黒字企業にあって赤字企業にないものとして取り上げられていたものの一つに「生産性の視点」があります。

棚卸回転日数をいかにして短縮するか、という面からの生産性もあれば、いかに短い時間で最大の売上、利益を生むか、という角度からの生産性もあります。

このうち、後者の「いかに短い時間で最大の売上、利益を生むか」は、経営者が従業員が目指すべき方向として指し示すことで生産性の向上につながります。

そのためには、一人あたりの仕事量を増やし、かつ、短い時間で完了するようにしなければなりません。

私も当社の従業員として
「業務時間内、これ以上ないというくらい精一杯仕事をしているか」
「自分の出来る仕事量を増やす努力をしているか」
「1分でも短い時間で仕事を完了するためにはどうしたらよいかを考え、仕事の仕方を工夫しているか」
を常に追求していかなければならないと思いました。

e

HOME » スタッフブログ » 2011年 » 生産性の視点を持つ