スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 2012年 » ストレスとうまく付き合う方法

2012.03.02

ストレスとうまく付き合う方法

人間にはストレス耐性というものがあります。

「ストレス耐性」とは、読んで字の如く、
ストレスに耐えられるキャパシティのことです。

ストレスには、精神的な耐性、肉体的な耐性と2種類あり、
それぞれ個人差があります。

ちなみに、私はサーベイを取って分析してもらったことがありますが、
両方ともかなり高い数値です。
つまり、精神的にも、肉体的にも、強いストレスに耐えられます。

キツイことを言われても、多少のことではへこたれませんし、
今は「終電まで」ということは無くなりましたが、
どんなに仕事が忙しくても疲労困憊にはなりません。
妻に踏んづけられても「痛い!」とも言いません。
というか、言えません。(はい、これは違います)

悪い意味で言うと、鈍感。嫌なことはすぐに忘れる。適当。高田純次。
相当な努力をしないと手を抜いていると思われる。
など、耐性が高すぎても、いいことばかりではありませんが、
私自身「俺って便利な人間だな~」と内心思っています。

このストレス耐性、難点なのは、
見た目と違うということです。

ある会社で、体育会系の男子を採用し、
精神的なストレスが強いと思ってガンガン指導していったら、
ある日うつになって会社にこなくなってしまったということがありました。

良く勘違いされる方が多いですが、
肉体的なストレス耐性に強くても、
精神的なストレス耐性が強いとは限りません。

肉体的には肉食系でも、精神的には草食系だったりします。
また、弱さを演技で隠す人も多くいます。
ストレスを貯めて貯めて、突然病気になってしまう人はこの典型です。

ややこしいですね。

ただし、精神的ストレス耐性、肉体的ストレス耐性に大きな相関関係があることは確かです。
心理学においても立証されています。

片方を高めれば、もう片方が高くなる。
片方が低くなれば、もう片方が低くなる。

例えば、無理矢理笑顔を作ったら病気が治る。
ランニングをしたら気分が良くなる。
ダイエットに成功したら「人生が変わった。」と言って、
表情も別人になったりします。

もし、自分がストレス耐性低いな~と感じていたり、
部下が叱るとすぐにシュンとなってしまっていたりしたら、
どちらかのアプローチで変えていく必要があるでしょう。

現代はストレス社会です。
ストレスが無くても人間腐ってしまうので、
上手に付き合っていけたらいいですね。

HOME » スタッフブログ » 2012年 » ストレスとうまく付き合う方法