スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 2012年 » 初心

2012.04.03

初心

いつのまにか季節もめぐり、桜の季節になりました。
桜の季節、そう入学式や入社式、新年度 等 新たな門出のシーズンでもあります。

きのう今日は、通勤電車でも、大学等の入学式に向かう親子連れや、入社式を迎えたばかりの
フレッシュマンの姿が多数見受けられました。

そんな姿を見ながら、清々しい気持ちで新しい生活に立ち向かっていったかつての自分を
思い出しました。

同時に、また気持ち新たに頑張らなければと、身が引き締まる思いがしました。

こうなりたいとかつて思い描いた自分の将来像に少しずつでも近づけているのか・・・。

何となくではなく、潜在意識にしみ込むまで思って思って思い続ける、また思いを実現させる
ために、一歩一歩積み重ねる地道な努力を欠かさないことが大切なのだとあらためて自分に
言い聞かせています。

ところで、世阿弥の名言に「初心忘るべからず」というのがあります。

一般的には、はじめの頃の謙虚で緊張した気持ちを忘れてはならないという意味で使われて
いますが、世阿弥が意図するところは少し違っていたようです。

世阿弥にとって初心とは、新しい何かに直面したときの対処方法、つまり試練を乗り越えていく
考え方を意味しているそうです。
すなわち、試練のときにどのようにその試練を乗り越えたのか、という経験を忘れてはならない
ということを意図しているそうです。

これまで何度となく聞いたことのあるこの言葉、奥深いんだなぁとあらためて感じます。

仕事においても人生においても、新しい何かに直面するときというのは避けて通れません。
そういうときにこそ、初心に立って、経験をたくさん積み、仕事の幅、またひとりの人間としての
人生の幅を広げていきたいと思います。

新年度を迎えられた企業も多く お忙しい毎日をお過ごしかと存じますが、みなさまくれぐれも
ご自愛くださいませ。

T.I

HOME » スタッフブログ » 2012年 » 初心