スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 2012年 » 心をあらわす行動

2012.05.22

心をあらわす行動

昨日は金環日食で日本全体が感動に包まれた一日でした。
皆さんはご覧になられましたでしょうか。

最近私が読んだ本に、私自身にもぜひ取り入れようと思ったことが
ありましたのでご紹介をさせて頂きたいと思います。

それは、行動の中に心を込めると、その心が行動の中にあらわれるといったことです。

例えば、

上司や同僚が外出先から帰って来ました。
出入口の扉を開けて「ただいま戻りました。」と入って来ました。

そのときに、
①戻ってきた上司や同僚のほうに顔を向けて笑顔で「おかえりなさい。」という人。
②「おかえりなさい。」と明るい声でいうけれども、顔はパソコンを向いている人。

がいたとしたら、例え声の調子は同じでも②よりも①のほうが、
外出先から戻った上司や同僚に「おかえりなさい。」の心が伝わりやすいということです。

仕事に集中をしていると、上記の例に限らず、
自然と心を込めていない行動をとってしまいがちであると、
本を読んでいて反省をしました。

弊社の行動指針にも「三つの心と利他の心」というものがあり、
弊社のスタッフは
・清らかな心
・正しい心
・美しい心
・利他の心
を持って日々仕事をしています。

心を強く込めると自然と行動がついてくるものであるのか。
行動に心を込めることを意識することが大切なのか。
ときによって、どちらが先かは変わってくると思いますが、

「心と行動はつながっている」
ことを忘れずにいたいと思いました。

HOME » スタッフブログ » 2012年 » 心をあらわす行動