スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 2014年 » ホスピタリティとサービスの違い

2014.04.24

ホスピタリティとサービスの違い

前回のブログで、「ホスピタリティ」をご提供するというお話を書かせて頂きました。

「ホスピタリティ」という言葉より、「サービス」という言葉のほうが、よく耳にされるかもしれませんが、
「ホスピタリティ」という言葉は、Hospicsというラテン語が語源と言われています。
Hospicsの直訳は「客人の保護」という意味だそうです。
「客人の保護」という直訳だと少し難しい気がしますが
要は、対価を求めているのではなく、おもてなし・喜びを与えることに重きをおいているということです。

「サービス」とどう違うの?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、まず語源の意味が異なります。

「サービス」という言葉は、Servusというラテン語が語源と言われています。
Servusとは、ご存じの方も多いかと思いますが、「奴隷」という意味です。
ですので、サービスは主従関係、
つまりサービスを受ける側が主、提供者が従という『タテ』の関係となります。
「お客様は神様」という言葉もこの考え方なのかも知れません。

「サービス」が『タテ』の関係とすると、
「ホスピタリティ」は、提供者(ホスト)がその利用者(ゲスト)に対して、喜びや感動を与え、
その気持ちをゲストと共感する、『ヨコ』の関係と言えると思います。

私たちは、そのホスピタリティの精神を大切に、お客様と一緒に、目の前にある課題を解決すべく、取り組ませて頂きたいと思います。

A.N

HOME » スタッフブログ » 2014年 » ホスピタリティとサービスの違い