スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 2014年 » もし、通信簿をつけるとしたら

2014.07.09

もし、通信簿をつけるとしたら

『もし、仕事をする自分に通信簿をつけるとしたら』
先日、会話の流れでこんな話になりました。

例えば…と通信簿の科目を挙げてみました。

●お客様との応対 ●数字を読み取る力 ●書類作成 ●社内の人間関係  ・・・

より細かく科目を分けていくことも出来ると思うのですが、
ひとまず、『仕事をする自分』に『1』から『5』で点数つけようということになりました。

私の場合、まだまだ至らないところばかりなので、
さすがにどれにも『5』をつけることはできませんでしたが、
苦手としていてもっと頑張らないといけないと思うところを『2』
もっと良くしていけると思うけれど、出来ていると思うところを『4』としました。

『仕事をする自分』に全て『5』をつける日がくるとすれば、
『会社に貢献できていて、全てにおいて効率よく積極的に、お客様のために仕事ができている』時だと
思います。
ですが、自分に全て『5』をつけてしまった日には、
私が貪欲に仕事をしていく気持ちがなくなった日になる気もしています。
ただ、お客様にご提案をしていく仕事に従事している身として、
全て『5』を目指すことは怠ってはいけないとも思っています。

『自分』が『自分』を評価する場合、良くも悪くも自分を客観的に見れないこともあります。

では、今度は『会社・社長』に『仕事をする自分』を評価していただいた場合、
同じ科目で『1』から『5』で点数をつけてもらったとして、果たして同じだろうか、と考えました。

そして、得意科目だけに偏って仕事をしていないか、苦手とする科目を克服する努力を怠っていないか、を
見つめ直しました。

日々、仕事をしていく上で、褒めていただいたこと、ご指摘を頂いたこと、
それは、どの『仕事をする自分』に対してなのかを見極めることも大切だと思います。

『仕事をする自分』を全科目の平均点で評価するのか、それとも個々の科目ごとに見るのか、
全ての科目を『5』に近づけていくことが大事だと思いますが、
今この自分を見つめ直し、出来ている自分も、ダメな自分も、受け入れて認めてあげて、
じゃあどうすればいいのかをしっかり考えて、前向きに謙虚に取り組むことが大切だ、と思った1日でした。

A.N

HOME » スタッフブログ » 2014年 » もし、通信簿をつけるとしたら