スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 2015年 » 加点主義?減点主義?

2015.02.03

加点主義?減点主義?

昨日、加点主義と減点主義という話題で盛り上がりました。

日本人は減点主義の方が多いそうですね。
それは日本の学校教育が減点主義だからだと言われているそうです。
100点以上は評価されず、間違えれば減点をされるのみ。
そういう環境で育つと、減点主義の体質となる。
そうすると、自分の弱い部分をカバーするために、リスクを避け、チャレンジすることを恐れるようになり、
多くの人が事なかれ主義を望み、目標を掲げるとしても低く設定することになるそうです。

一方、加点主義ではいいところを見つけ、ひたすら加点をしていく。
評価してもらえる環境の中で、自信を持ち、高い目標に掲げ、取り組むようになるそうです。
出る杭を伸ばすことで、成功やイノベーションに繋がります。

近年、加点主義の評価制度を採用する企業も増えていますね。
評価してもらえている、と思えるからこそ、企業に尽くそうと思えるのだと思います。

減点主義の考え方では、リスクを恐れチャレンジすることができず、チャレンジをすることもないので、成功もない。

加点主義の考え方では、何もしない人は0点、は加点される。

・・・と書いてしまうと、減点主義が悪いような書き方になってしまいましたが、
加点主義、加点法の考え方は、いい意味で環境の変化をもたらすのだと思いました。

人との付き合い方でも加点法の考え方をうまく取り入れることで、よりいい関係になれるかもしれませんね。

N

HOME » スタッフブログ » 2015年 » 加点主義?減点主義?