スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 2016年 » ターゲットを絞る

2016.06.15

ターゲットを絞る

皆さまこんにちは!

本日は初夏の風がとても気持の良い日ですね。

ボードゲームの王様「人生ゲーム」!4月に全面リニューアルをしたそうです。

各家庭に一つは言い過ぎですが、見たことがない人を探す方が難しいと思われる

ボードゲームです。

最新の人生ゲームのマス目には

「人工知能で資産運用」

「外国人の旅行客を道案内」

「格安メーカーの最新家電を入手」

「増税前のまとめ買い」

など時流に合わせた内容となっています。

 

子供の日やクリスマスなど小さい頃はおもちゃ屋さんの前に行くとワクワクしたものです。

特に大手の玩具メーカーでは、各イベントへの新商品の販売に力を入れてくるものです。

そんな玩具メーカーが近頃は小さなお子様だけでなく、大人をターゲットにした

商品を発売し話題になっていることを皆さまご存知でしょうか。

 

タカラトミーからはリカちゃん人形・・・「リカちゃん」人形と聞くと小さな女の子を思い浮かべますね。

20代~30代大人の女性向けにブランド化を進めています。

昔のように普段は着ることのできないロングドレスやウェディングドレスではなく、

企業に勤める女性が憧れるようなお洋服・小物を提案しています。

なりたい自分を目指し、まずは客観的なところからりかちゃん人形を見つめる・・・そんな気持でしょうか。

 

そしてサンリオと藤子・F・不二雄プロからは

大人向け「ドラえもん」で期間限定2年間、100億の売上高を目指すことになりました。

どんな商品が百貨店にならぶのかが今から楽しみですね。

 

大手企業も中小企業も今まであった、顧客層に対する考え方を真っ白にして

あらゆる角度からターゲットを絞られた結果、

少子化の現在のターゲットは子供だけではなく大人向けおもちゃにつながったのではないかと考えられます。

 

商品を販売する中でターゲットを決めることはとても大切です。

例えば、今日は特にターゲットを年齢に標準を合わせてお話しさせて頂いておりますが、

他にも地域・性別・ライフスタイル・消費者の購買行動(商品の場合)などがあります。

これは一部分なのでその商品やサービスにより市場の細分化の内容はかわってきます。

 

少し見る角度をかえることで御社の商品のターゲットを幅広くすることができます。

自社の商品を良くご理解されている経営者の方こそターゲットを絞り込むことができます。

経営者の方の商品への愛情、経験と

プラス絞り込むための知識や手法を知っているからこそ、本当のターゲットを見つけることができるのです。

 

手法は書籍などにはヒントぐらいでしか載っていないかもしれません。

ヒント以上のノウハウを手に入れるには、一歩前進して頂くことが大事だと考えています。

ご興味がございましたらまずは一歩目、御社にとって必要なターゲットの絞り込みを見つけてみませんか。

プラス「ターゲット絞り込むための手法」にご興味のおありの方は下記URLよりお進みくださいませ。

http://krbcg.co.jp/info/mm.html

 

※写真は、毎日デスクの上で私たちを癒してくれる文具グッズです!

omocya

HOME » スタッフブログ » 2016年 » ターゲットを絞る