スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 2017年 » 相談する相手を間違えないこと

2017.02.01

相談する相手を間違えないこと

私たちコンサルティング会社は、クライアントの方にとって有益な指導をする必要があるわけです。

 

そもそも、コンサルティング会社とご契約を頂く際は、必ず目的を定める必要があると考えます。

「困っているから」「どうしたらいいかわからないから相談できる相手がほしい」ではなく、「●●をするため」という目的です。

 

例えば、

会社再建の契約の際は「黒字経営ができるまでの契約」

事業承継の契約であれば「後継者に事業をきちんと承継するための契約」

顧問契約の契約であれば「定期的に第三者の目を入れるための契約」「定期的に経営相談をするための契約」というように。

 

そしてその目的を、その会社の経営者・幹部とコンサルティング会社がしっかりと理解し合い、方向性をきちんと合わせてからコンサルティングを開始するべきです。

 

私たちは、クライアントの方とご契約させて頂くきっかけは、多くの場合が、困っているからどうしたら良いかを相談したい、というご連絡からです。

 

困っている時、まず何で困っているのかを明確にしてからコンサルティングを開始する必要があります。

弊社の場合は、まずコンサルティング契約をご提案する前に、個別のご相談をご案内するわけですが、その個別の相談では経営者の方から話を伺い、どうするべきなのか細分化をしたり、やるべきことを整理します。

引き続き分析やご相談をお受けした場合は、その会社の経営状況などを詳しく分析をした上で、スキームを立案、実行というご案内をしていきます。

 

ご相談のご連絡を頂く時、「既にコンサルティング会社と契約しているのだけれど…」とご連絡を頂く事もよくあります。

そういう場合のほとんどが、コンサルタントのやっていることと経営者の考え方が合わず、これからの会社のこと、従業員のこと、経営者の方の思いを後回しにされているように思われているとのことでした。

 

経営陣の目的や思いと、コンサルティング会社の方針が全く合っていないにもかかわらず、ずるずると契約が続いているようです。

 

弊社がコンサルティングをさせて頂き、目的であった会社再建や事業承継が無事に終われば、弊社とお客様のご契約は終了します。

それは少し寂しい気もしますが、目的が会社再建・事業承継であったのであれば、私どもとのご契約終了はとても喜ばしいことです。

もちろん、ご希望に応じて顧問契約という流れで引き続きお客様とお付き合いさせて頂く事もありますが、それは定期的に第三者の目を入れる、定期的に経営相談をするという目的のための契約です。

 

「会社再建・事業承継を!」と謳いながら、実際はその会社の問題点を根本的に解決せずに、上辺だけを取り繕い、コンサルティング費用をずるずるともらい続けるコンサルティング会社が多いのも事実です。

コンサルティング会社と契約しているから安心している経営者の方もいらっしゃいますが、それは少し間違っています。

 

椢原の書籍「銀行交渉がうまくいく返済猶予成功術」の第7章にも書いておりますが、指導先が最終的に「コンサルタントのいらない会社になること」が理想です。

ですので、コンサルティングを受けるとき、そのコンサルタントに全面的に依存するのではなく、考え方ややり方を学び、社内で活かすことが必要です。

 

対コンサルティング会社に限ったことではありません。

どの士業に対しても言えることですし、士業ではなくてもその相談相手次第で会社の方向性が変わってしまうかもしれない訳です。

 

何事も、相談する相手は間違えないようにすることがとても大切です。

HOME » スタッフブログ » 2017年 » 相談する相手を間違えないこと