スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 2017年 » 会社と人を成長させる人事制度

2017.02.03

会社と人を成長させる人事制度

本日は節分ですね。

今年の恵方は北北西やや右ということです。

 

先日弊社のホームページの「2016年お客様のご要望について:アンケート結果」を

お伝えいたしました。

その中でもご要望がこの数年多くなってきているのが「賃金や人事制度の手法や事例」です。

弊社にて実際に人事制度をどのように進めていくのかを

ほんの一部ご紹介していきたいと思います。

 

人事評価制度の中に「等級別食部職能要件評価シート」での人事評価がございます。

内容は部署(営業・経理など)により評価内容は異なってまいります。

 

例えば、評価対象者の方が経理業務をご担当されていたとします。

 

・例)経理伝票等作成についての職能要件評価

等級S1:最低限の経理知識を持っており、経理伝票等が作成できる

等級S2:十分な経理知識を持っており、日常の経理業務はできる

等級S3:十分な経理知識を持っており、さらに法改正などの情報も収集し、

それを仕事に活用している

等級S4:自身の経理、財務知識の向上を図るとともに、法改正や事例、

複雑な問題などにも組織全員が対応できるよう指導、教育ができる

 

この場合は本人と上司の評価が検討されます。

 

評価の中で大事なのは評価する人が評価者として本人に信頼をもってもらうことです。

評価する人は評価者として評価スキルと資質の向上に取り組めるよう

会社が環境を整える必要があると代表の椢原はお客様に伝えています。

 

会社が求めていることを会社で働く人が実行する。

会社が求めていることを伝えることも、

実際に取り組んでもらうことも簡単ではありません。

人事評価の中で会社が求めていることを目標にしてもらうことです。

 

ではその企業で働く人が会社の求めていることを伝えられたらどうなるのでしょうか。

評価が会社の求めている行動、成果、業績とリンクし、

その結果がフィードバックされはじめます。

この評価は目的を持ち進めることができれば、会社は継続していく上で一番大切な「人」を、

働く人は「働く場所」を成長させて継続することができます。

 

本日お伝えした人事評価はほんの一部分です。

もし、人件費削減などをお考えの企業様がいらっしゃいましたら、人件費削減だけではなく、

会社もその会社に働く人も成長ができる人事制度評価についてもご検討くださいませ。

 

写真は今朝会社までの道のりで小さい春を見つけました!

ふくらみはじめた桜のつぼみです。

蕾

 

HOME » スタッフブログ » 2017年 » 会社と人を成長させる人事制度