スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 2017年 » ご相談やコンサルティングについて

2017.05.23

ご相談やコンサルティングについて

日中は汗ばむ季節となり、街ではいろいろな花が咲き誇り、吹く風も心地よくなりました。

 

私どもにコンサルティングのご依頼やお問い合わせをいただくときに、「資金繰りがきびしくなりリスケを検討している」や「リスケ中ですが今後どう改善していけば良いか」というご相談があります。

会社には、これからリスケを考える会社や、すでにリスケをしていて今後の改善策のご相談をされる会社など状況は様々です。中には、リスケをしたくないので他の方法で再建できないものかという方もいらっしゃいます。

私はコンサルタントの秘書としてお客様のサポートなどさせていただいておりますが、日々の業務を通じてコンサルタントがいると心強いものだなと感じており、ご相談に関することなどを少しご紹介できればと思いました。

 

経営改善の方法の一つとしてリスケを検討されるご相談をお受けしますが、リスケを行うということは、その間に何としても早急に黒字にすることが必須です。

会社の再建はリスケではなく、黒字にすることです。

経営改善計画の策定などアドバイスをし、改善に向けた取り組みのご指導をさせていただいております。

 

リスケ中でも、資金繰りが厳しくなって今後を非常に心配しご相談される方もいます。

本来適正な粗利と営業利益を確保していれば、入金サイト支払サイトのズレはあっても資金繰りが破綻する可能性は低くなりますので、ご相談では、試算表や資金繰り表など確認をさせていただいております。

 

ご相談の中にはリスケ以外の方法でなんとかしたいと言われることもありますが、私どもではより成功しやすい方法でアドバイスやご指導をしていますので、

売上を上げて利益を出すという方法よりも無理をした返済額ではなく経常収支内で(本業収支から利息を含む本業支出を差し引いた残りのこと)の返済額に変更を依頼(リスケ交渉)しながら、

利益を確保していく方が再建が成功しやすい方法としてアドバイスさせていただくこともあります。

 

どのような方法がベストな改善策なのかは会社の状況に応じて異なりますので、詳しいことなど状況をみなければ分かりませんが、お伝えできることは、

まずは、気持ちを強く持って今できることを考えること

明日がどうなるか、来月どうなるか ということよりも 今 できること を考え実行することが

道をひらくことにつながる

ということです。

 

実際にコンサルタントがお客様にアドバイスしていた内容を少し抜粋してご相談案件などをご紹介させていただきました。

 

私どものコンサルタントも経営者であり、同じ立場であるからこそすごく励まされる言葉で心強いものだと感じました。

 

少しでもお困りのことがありましたらご遠慮なくご連絡いただければと思います。

お力になれますよう精一杯サポートさせて頂きたいと思っています。

 

h_contact01

**************************************************

KRBコンサルタンツでは、経営者の方に有益になる情報をメールマガジンで配信をしております。

topimg_bt

facebookに「いいね!」をお待ちしております。

facebook

HOME » スタッフブログ » 2017年 » ご相談やコンサルティングについて