推薦者の声

HOME » 推薦者の声 » 2013年 » 椢原先生にご指導を頂くきっかけは、書店の棚に並んでいた一冊の本からでした

椢原先生にご指導を頂くきっかけは、書店の棚に並んでいた一冊の本からでした

西川 剛司 氏

株式会社京のきもの綾錦
代表取締役社長

弊社への心のこもったご指導とご鞭撻、本当にありがとうございます。
心より感謝しております。

椢原先生にご指導を頂くきっかけは、書店の棚に並んでいた一冊の本からでした。
当時、弊社は、メイン取引先の廃業、主力社員の交通事故による業務離脱、社員の離職、等が重なり、それに伴う業績の悪化、借入金の負担増・・など、内容の改善が急務に必要な状態でした。その為に、何か良い知恵を授けてくれる本はないかと探していた時に、たどり着いたのが椢原先生著作の『銀行交渉がうまくいく返済猶予交渉術』という本でした。

読み進めていくと、企業再生に向けて、現状の把握、交渉の進め方、計画の立て方、再生開始後の考え方、また幾通りかの再生の方法、などが分かりやすく理論的に解説してあり、非常に参考になりました。また、随所に経営者自身が必要とする知識、考え方、信念・・と、いった内容があり、経営、また再生する上での心構えを重要視されていました。

内容に共感できる部分が多々あり、こんなにも多くの知識と経験を持たれている上に、人をみて頂ける(気がしました)椢原先生にご指導を受けてみたい、との思いから、コンサルティングをお願いした次第です。

弊社を看ていただいてからは、業績改善の為の助言をジャンルに関係なく頂戴し、少しずつですが成果が表れています。また、毎月の指導の他に、新しい販売形態のご提案を頂けたり、我々の業界人では考えつかないような意見もいただいて、業績UPの後押しをしてくださっています。

企業経営者は、ともすれば「御山の大将」になってしまいがちです。
また、「経営者は孤独・・」とも云われますが、経営者も人間ですから間違いも当然あります。
そんな時に、間違いを正してくれる、耳に痛いことも言ってもらえる・・
そういう存在が経営者には必要かと思います。
弊社も、今後ともご指導賜りまして、良い会社を作っていきたいと思います。