事例詳細|コンサルティング事例

売上高は変わらず店舗別収支管理と事業分野の再定義で経常利益が増加、無借金経営に

黒字

M社

業種
アパレル小売業→小売店舗の営業運営受託事業
売上高
1億6000万

2011年、コンサルティング開始当初は、小売店舗を多店舗展開し、売上高16千万。 毎月の資金繰りが楽になったことはなく、月末になれば月を越せるかどうかを心配しながらの経営。

お金は入ってくるが、すぐに出ていくという状態。

店舗別貢献利益、店舗別収支に取り組み、採算の悪い店舗は撤退を進める。

経営環境の変化に対応し、商品を再定義。レディースとメンズからキッズに主力商品を変更。

その後、小売事業では存続と利益が望めないと判断し、事業を再定義。

主力事業をアパレル小売から小売店舗の営業運営受託事業に転換。

また、社員の給与と責任、業績が連動し、働きがいが持てる労働環境を採用。

現在、売上は10年前とほぼ同じ1億6千万で変わらない中、経常利益は増加。

事業の見直しにより、仕入と在庫がなくなったことで、資金繰りと限界利益が大幅に改善。

今では、資金繰りに困ることはなくなり、借り入れは20212月に全て完済し、無借金経営に。事業承継プランも実行中。