よくある質問

自分が連帯保証人ですが、妻は連帯保証人ではありません。妻に債務がいかないようにするためには離婚した方がいいでしょうか?

離婚する必要は全くありません。連帯保証人と奥様は別人ですので、奥様に連帯保証債務が及ぶことはありません。ただし、連帯保証人がお亡くなりになった場合には相続が発生しますので、その場合には連帯保証債務も相続することになります。
将来のことも想定して、早いうちから対策を講じることが必要です。

私どもでは、個別相談の場で、状況を踏まえた適切な対応策をアドバイスさせていただきます。
お気軽に個別相談をご活用ください。