よくある質問

連帯保証人が多額の預金や不動産を持っていた場合、とられたりしませんか?

借入金融機関に預金をおかないことです。
また、不動産に担保が設定されていれば、差し押さえや競売などの可能性はゼロではありませんが、通常は、金融機関としっかりと話し合って、可能な額で返済をすることで、即座に差し押さえや競売、預金口座ロックなどの事態にはなりません。
しかし、いつまでもこのままではいけないことから、不動産についてはリースバックなどで守る手立てを講じ、預金などは引き出すなどの対策を検討してください。

保証人の資産を守る場合については、主債務者である会社の状況や会社そのものをどうするかなども大きく関係してきます。
状況を踏まえた対策を講じることをお勧めします。

私どもでは、個別相談の場で、状況を踏まえた適切な対応策をお話させていただきます。
お気軽に個別相談をご活用ください。