【採用情報】秘書を募集いたします。

【採用情報】秘書を募集いたします。2019.11.18

この度、私達と一緒に働いてくれる秘書の方を募集いたします。
詳しくはこちらをご覧くださいませ。

 

▼代表椢原よりメッセージ
当社は経営コンサルティングを仕事としていますが、経営コンサルタントだけでは仕事はできません。

コンサルタントを支える秘書がいてこそ、コンサルタントが力を発揮できるのです。

ここで当社の秘書について、少しお話しておきたいと思います。
秘書と言っても、他社によくあるスケジュール管理や接客応対が主な仕事ではなく、そのスケジュール管理や接客応対に加え、クライアントにとって重要な書類作成、コンサルティングで必要な書類作成、コンサルティングの進捗管理と進捗に合わせたクライアントへの連絡やアドバイス、業界や市場の調査など、非常に多岐にわたり、コンサルタントの代理代行も求められます。

コンサルタントは、クライアント企業に訪問をすることも多々ありますが、秘書が訪問することはほとんどありません。

コンサルタントが出かけている時だからこそ、コンサルタントに代わって連絡をし、書類を作り、明日の準備をするなど、やらなければならない仕事がとてもたくさんあるのです。

「そうは言っても秘書だから、事務作業がほとんとでしょ」と思い応募しても、おそらくその仕事の責任の重さと大変さにびっくりし、続かないと思います。
もちろん入社してからですが、コンサルタントと同等レベルの知識やスキルを身につけなければ、当社の秘書にはなれないと考えてください。

当社では、残業をして長時間働くと言うことは推奨していません。

秘書には、残業をせずに定時で帰ることを求めています。それは、時間外手当を減らしたいからではなく、長時間働くことは生活においても、健康のためにも良くないと考えているからです。
長時間働くことで利益を生み出すような会社では、存続することはできないと私は考えています。

会社もしっかり利益を出し、社員は定時で仕事を終わらせ、毎日を充実させて過ごす。
こういう働き方が大事だと考えているのです。

また、残業が多いという人は、仕事量が多いのではなく、仕事の生産性が低いのです。
一言で言うと、段取りが悪いのです。

人を指導する仕事をする私たちが、段取りが悪く生産性が低いようでは話になりません。

生産性の高い社員に対する処遇として、当社では、残業の少ない人が多くの昇給と賞与がもらえるような評価を行っています。

秘書としての仕事のポイント

・ミスは許されない

・仕事の期日は絶対

・仕事の期待成果のレベルは最高レベル

・そして、仕事に求められる必要な知識が非常に幅広い

経営コンサルタントというのは、大変な仕事ですが、自分自身が成長できる最高の職種だと私は思っています。

その経営コンサルタントと歩調を合わせ、一緒に仕事をするのが当社の秘書ですから、秘書も成長でき、コンサルタントと共に、クライアントを通じ、社会の役に立つ素晴らしい仕事なのです。

日本の99.7%が中小企業です。
当社のクライアントは全て中堅中小企業です。
その中小企業に勇気と元気、そして希望を与え、黒字にするのが当社の仕事です。
決して楽な仕事ではありません。しかし、秘書という仕事を通して、仕事に関係するスキルだけでなく、社会のことを学び、生き方を学ぶことができる、数少ない職種だと私は思います。
今、当社で働いている秘書全員がコンサルタント業界未経験の人たちばかりです。それでも毎日努力をすることで素晴らしい仕事内容ができるようになっています。

「自分を磨くことで世の中の役に立つ」

このような思いを持てる人と一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

KRBコンサルタンツ株式会社 代表取締役社長

過去のお知らせ
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年