スタッフブログ

HOME » スタッフブログ » 2012年 » 気持ちを伝えるメール

2012.02.17

気持ちを伝えるメール

P2012_0217_161924

写真は当社の癒しのひとつである、切り花です。
新しく社員として仲間入りしましたAさんに活けて頂きました。
とても美しいと感じました。

情報を伝える時このごろはメールを使うことが多いですよね。
メールのメリットは社内・社外の共有がしやすい事、相手の時間を無理にとらないことです。
デメリットとしては、どうしてもお顔を拝見せずに送りつけてしまうイメージがあることです。

その中でメールを送信するときにどういった事に注意することが必要か、
どのようにすれば少しでも気持ちを伝えることができるかを考えてみました。

①件名は【重要】といったようにカッコつけで強調する。
    なるべく具体的な件名にして届けることで相手の方が処理しやすいようにする
②英語表記の件名は迷惑メールと間違えられるので表現をかえる
③改行は効果的にする
④記号や数字①②を使用し強調して伝えた部分がひとめでわかるようにする
⑤送ったままにしない。返事の有無をわかりやすく伝える
⑥添付画像は重いデータの時は2回にわける

など普段から皆さんも気をつけられていると思います。
メールにもマナーがあり、KRBでも一番伝えにくい難しいツールのひとつだと考えています。
なにより受け取られた方の気持ちを考えて送ることが大事で、メールの一言で相手の方の信頼を高めることも
できるのだと感じました。
そして気持ちをいつも伝えられるように努力していこうと思います。

まだまだ寒い毎日が続きますがお風邪を召されませんように・・・☆

R.T

HOME » スタッフブログ » 2012年 » 気持ちを伝えるメール