コラム詳細|スタッフコラム

KRBコンサルタンツ代表椢原の新刊書籍「会社にお金を残す経営の話」&セミナー開催のご案内 2019.05.28

皆様、こんにちは!

本日は、先月出版されました「会社にお金を残す経営の話」についてご案内をさせていただきます。

出版から1か月ほど経ちましたが、
「本を読んだよ!」と感想や、お問い合わせなどを多方面からいただきました。

タイトルは「会社にお金を残す経営の話」となっておりますが、
書籍の中身はというと、

借入過大/債務超過/リスケ/取引先減少/銀行交渉/資金繰り困窮/組織不和・・・と
中小企業の経営者の方であれば、どれかで一度は頭を抱えたこともあるであろう問題を、
実際の弊社のクライアント企業に起こったこれらの問題を全て乗り越え、会社にお金を残すため黒字化再建していった会社の経営ドラマ本です。

通常の経営本は、具体例が少なく、「こういう時はこうする」というマニュアル的なものが多い中で、
この実際の「会社にお金を残す経営の話」は、実際にこの企業がどのようにして困難に立ち向かっていったのか、という実際の具体的な話が書かれています。

書籍の感想から、「自社に置き換えるながら読んだ!」というお声もあるように、
実際にあった話だからこそ、多くの経営者が悩むことだからこそ、
この書籍を読むと、「なるほど」と頭にストンと内容が入ってきて、今日からでも実践ができると考え、お取り組みを始めていただけると思っております。

このモデル企業が9年前にスタートしたときは、カタチだけの利益は出ていましたが、実態は、「全くお金がない」「利益もない」という状況でした。
ですが、この企業は、4年後には1億、9年後には2億を超える余剰金だけでなく、証券会社からは「上場しませんか」の誘い。

全部本当の話です。

そしてその話を弊社代表椢原浩一(くにはらこういち)が「会社にお金を残す経営の話」出版記念セミナーということで、
この書籍に書ききれなかった話をセミナーで講演します。

そして!
今回のモデル企業の社長で主人公の「遼くん」にもご登壇いただき、少しお話をしていただけることになりました。

守秘義務などがあり、「遼くん」ということでご登壇いただくことになりますが、実際のお取り組みの内容をお話しいただくことになっております。

他社の経営の話や取り組み言うのはなかなか聞くことができないと思います。
このような機会はこの「会社にお金を残す経営の話」出版記念セミナーだけです。

皆様、是非この貴重な機会をお見逃しなく、是非明日からの御社の経営の活力にしていただければと思います。

●●●●「会社にお金を残す経営の話」出版記念セミナー詳細はこちら●●●●